利用規約

利用規約

 

 

第1条(目的)

本規約は、トヨタスター(以下「会社」)が提供するサービスを利用するにあたって、サイトと利用者との間の利用条件及び諸手続き、その他必要な事項を規定することを目的としています。

 

第2条(会員の定義)

①会員とは、会社が提供するサービスに接続して、本規約に基づいてトヨタスターの利用手続きに同意し、会社が提供するサービスを利用する利用者とSNS(ソーシャルネットワーク)を介して認証受けログインが可能利用者を指します。

 

第3条(会員登録)

①会員になろうとする者は、会社が定めた登録フォームに基づいて会員情報を記入して「同意する」「確認」などのボタンを押す方法で会員登録を申請します。他トヨタスターで提供されるソーシャルログインを介して認証手続きを経た後、会員登録を申請します。

②会社は、第1項のように会員として加入することを申請した者が次の各号に該当しない限り申請した者会員として登録します。

1.登録内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合

2.会員資格制限と停止、喪失をした経験があった場合

3.その他の会員として登録することがトヨタのスターのサービス運営と技術上著しく支障があると判断される場合

③会員加入契約の成立時期は、トヨタのスターの承諾が加入申請者に到達した時点とします。

④会員は、第1項の会員情報記載内容に変更が生じた場合には、直ちに変更事項を訂正して記載しなければします。

 

第4条(サービスの提供及び変更)

①会社は、会員に下記のようなサービスを提供しています。

 

1.コミュニティサービス(掲示板など)

2.検索サービス

3.その他のトヨタのスターが独自に開発したり、他のトヨタのスターとの協力契約等を通じて会員に提供する一切のサービス

②トヨタスターはサービスの内容及び提供日を第7条第2項で定めた方法で会員に通知し、第1項に定めるサービスを変更して提供することができます。

 

第5条(サービスの中断)

①トヨタスターは、コンピュータなどの情報通信設備の保守点検・交換及び故障、通信の途絶などの事由が発生した場合には、サービスの提供を一時的に中断することができ、新しいサービスへの交換、その他のトヨタのスターが適切であると判断する事由に基づき、現在提供されるサービスを完全に中断することができます。

②第1項によるサービス中断の場合にトヨタスターは第7条第2項で定めた方法で会員に通知します。ただし、トヨタスターが制御できない事由によるサービスの中断(システム管理者の故意、過失がないディスク障害、システムダウンなど)により事前通知が不可能な場合には、その限りではあります。

 

第6条(会員脱退及び資格喪失など)

①会員は、トヨタのスターにいつでも自分の会員登録の抹消(会員脱退)を要求することができ、トヨタのスターは、上記の要請を受け、すぐにその会員の会員登録抹消のための手続きを踏みます。

②セキュリティ、開発の難しさとサービス悪用のために会員脱退が行われた場合、会員の情報は、一部の削除またはアーカイブすることができます。ただし、コミュニティサービス、その他の公共の掲示板などに登録された記事は削除されません。

③会員が次の各号の事由に該当する場合には、トヨタのスターは会員の会員資格を適切な方法で制限及び停止、喪失させることができます。

1.加入申請時に虚偽の内容を登録した場合

2.他の人のサービス利用を妨害したり、その情報を盗用するなど、電子取引秩序を脅かす場合

3.サービスを利用して法令と本約款が禁止したり、公序良俗に反する行為をする場合

4.広告や宣伝目的の投稿を上げる場合

5.特定のメンバーに個人攻撃をした場合

④トヨタスターが会員の会員資格を喪失させることにした場合には、会員登録を抹消します。

⑤利用者が本規約によって会員登録後、サービスを利用する間に、連続して1年間のサービスを利用するためにログイン記録がない場合は、トヨタのスターは会員の会員資格を喪失させることができます。

 

第7条(会員に対する通知)

①トヨタスターが、特定の会員にサービスに関する通知をする場合、会員情報に登録されたメールアドレスを使用することができます。

②トヨタスターが不特定多数の会員に対する通知をする場合は、7日以上お知らせ掲示板に掲示することにより、個別通知に代えることができます。

 

第8条(会員の個人情報)

①トヨタスターは、会員に加入する時点でID、ニックネーム、メールアドレスなどのいくつかの重要な個人情報を入力します。

 

第9条(トヨタスターの義務)

①トヨタスターは法令と本約款が禁止したり、公序良俗に反する行為をしない本規約​​が定めるところにより、持続的であり、安定的にサービスを提供するために努力します。

②トヨタスターは、会員が安全で便利なサービスを利用できるようにシステムを構築しようと努力します。

③トヨタスターは会員がサービスを利用するにあたっての会員に損害を賠償する責任がありません。

 

第10条(会員のID及びパスワードに対する義務)

①トヨタスターが関係法令、「個人情報保護方針」によってその責任を負う場合を除き、自分のIDとパスワードに関する管理責任は各会員にあります。

②会員は自分のID及びパスワードを第三者に利用させてはいけません。

③会員は自分のIDとパスワードを盗まれたり、第三者が使用していることを認知した場合には、すぐにトヨタスターに通知し、トヨタのスターの案内がある場合には、それに従う必要があります。

 

第11条(会員の義務)

①会員は、次の各号の行為をしてはならなりません。

1.会員登録申請又は変更時に虚偽の内容を登録する行為

2.トヨタスターと第三者の知的財産権を侵害したり、トヨタのスターの権利と業務または第三者の権利とファルドンルル妨害する行為

3.他の会員のIDを盗用する行為

4.関連法令により送信または掲示が禁止されている情報(コンピュータプログラムなど)の掲示または送信する行為

5.トヨタスターの従業員またはサービスの管理者を最もたり、他人の名義を盗用して情報を掲示、送信する行為

6.コンピュータソフトウェア、ハードウェア、電気通信機器の正常な稼働を妨害、破壊する目的で設計されたソフトウェアウイルス、その他のコンピュータコード、ファイル、プログラムを含む資料を投稿したり、送信する行為

7.ストーカー(stalking)などの他のメンバーを苦しめる行為

8.他のメンバーの個人情報を、その同意なしに収集、保存、公開する行為

9.不特定多数の者を対象にして、広告や宣伝を投稿したり、ポルノを公開する行為

10.トヨタスターが提供する掲示板や関連サービスに投稿されたお知らせの規定に違反する行為

 

②第1項に該当する行為をした会員がいる場合トヨタのスターは、本規約第6条第2、3項で定めるところにより、会員の会員資格を適切な方法で制限及び停止、喪失させることができます。

③会員は、その責に帰すべき事由によりトヨタスターや他のメンバーが被った損害を賠償する責任があります。

 

第12条(公開記事の削除)

①会員の公開記事の内容が次の各号に該当する場合トヨタのスターは、会員への事前の通知なく、その公開記事を削除または変更することができ、当該会員の会員資格を制限、停止または喪失させることができます。

1.他の会員または第三者を誹謗したり中傷で名誉を損傷させる内容

2.公序良俗に反する内容の情報、文章、図形などを流布する内容

3.犯罪行為と関連があると判断される内容

4.他の会員または第三者の著作権などその他の権利を侵害する内容

5.宗教的、政治的紛争を引き起こす内容としては、このような紛争によりトヨタスターの業務が妨害されたり妨害なると判断される場合

6.その他トヨタスター投稿運営方針と法に違反すると判断される内容

7.他のサイトやサービスの直接または間接的な宣伝をしている場合

②会員の公開投稿による法律上の利益の侵害を根拠に、他の会員または第三者が会員またはトヨタのスターを対象にして法律上の法的措置(例えば、告訴、仮処分申請、損害賠償請求訴訟)をとると同時に、法的措置と関連する記事の削除を要請してくる場合には、トヨタのスターは、同法的措置の結果(例えば、検察の起訴は、裁判所の仮処分決定、損害賠償判決)があるまでの関連記事へのアクセスを一時的に制限することができています。

 

第13条(著作権の帰属と投稿の利用)

①トヨタスターが作成した著作物の著作権、その他の知的財産権は、トヨタのスターに帰属します。

②会員は、トヨタのスターが提供するサービスを利用することで得た情報をトヨタスターの事前承諾なしに複製、送信、出版、配布、放送、その他の方法によって営利目的に利用したり、第三者に利用させてはならなりません。

③会員がサービス内に掲示した記事の著作権は、掲示した会員に帰属します。ただし、トヨタスターはサービスの運営、展示、送信、配布、広報の目的で会員の別途の許可なしに無償で著作権法に規定する公正な慣行に合致されるように、合理的な範囲内で、次のように会員が登録した記事を使用することができています。

1.サービス内で会員掲示物の複製、修正、改造、展示、送信、配布、および著作物性を損なわない範囲内での編集著作物の作成

2.メディア、通信社などのサービス連携パートナーに会員の投稿内容を提供、展示あるいは促進にすること。ただし、この場合、エスケイエムかハイテクは、別の同意なしに会員の利用者ID /ニックネームと関連IPに加えて、会員の個人情報を提供していません。

3.トヨタスターは、前項以外の方法で会員の投稿を利用しようとする場合には、電話、ファックス、電子メールなどの方法により、事前に会員の同意を得なければします。

 

第14条(広告掲載や広告主との取引)

①トヨタスターが会員にサービスを提供することができるサービス投資基盤の一部は広告掲載を通じた収益から出てきます。会員は、会員が登録した記事の内容を活用した広告掲載、およびその他のサービス上に公開される広告掲載について同意します。

②トヨタスターはサービス上に掲載されているか、サービスを通じた広告主の販促活動に会員が参加したり、交信または取引をすることによって発生する損失と損害に対して責任を負いません。

 

第15条(規約の改定)

①トヨタスターは約款の規制等に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進等に関する法律等関連法を違反しない範囲で本規約を改訂することができます。

②ただし、改正内容が会員に不利する場合には適用日の7日前から適用日の前日まで公知します。

③会員は変更された規約に拒否する権利があります。会員は、変更された約款が公知された後、7日以内に拒否の意思を表明することができます。会員が拒否した場合トヨタのスターは、当該会員との契約を解除することができます。会員が変更された約款が公知された後、7日以内に拒否の意思を表示していない場合には、同意するものとします。

 

第16条(裁判管轄)

トヨタスターと会員の間に発生したサービス利用に関する紛争に対しては、大韓民国法を適用し、本紛争による牛は、民事訴訟法上の管轄を持つ大韓民国の裁判所に提起します。

 

附則

(施行日)本規約は、2013年6月20日から適用されます。